診断
検索
【極上の眠り】快眠に導くおすすめマットレスとは!?

【極上の眠り】快眠に導くおすすめマットレスとは!?

更新日: 2022.05.14
村上 将教のプロフィール画像村上 将教


公式
マットレス選びの無料相談、実施中!

村上 将教のプロフィール画像
筆者
村上 将教
「寝具専門メディア」SHING編集長 兼 寝具研究家

家具に関する記事を過去50本以上執筆し、現在は寝具メディアのSHINGを編集長として、企画、制作、執筆に従事。特にマットレスに関する記事を専門にしており、マットレスの正しい選び方や各メーカーのマットレスの特徴を独自の視点から解説。既にマットレスに関する執筆記事数は数十件に上る。

快眠マットレスは選び方が重要!?

快眠の重要性

1日の約3分の1の時間を睡眠に使う我々が、日々の生活で快眠を得ることは、暮らしを豊かにする上で非常に重要です。

快眠ができた日には、活動レベルが高い状態で1日を過ごすことができますよね。

快眠が得づらい現代社会

ストレス、コロナなどの社会情勢の変化など、快眠を得ることがより一層難しくなってきています。

だからこそ、睡眠環境の整備はより一層注目され、おすすめの記事や動画が増えてきました。

快眠をどのように作り出すか

さまざまな要因が重なって私たちは快眠を手に入れることができます。

それは、マットレスだけではなく、天候、起床時間、食生活、光などの外的な刺激、ストレスや体調など、数多くあり特定することは難しいです。

マットレスは快眠に欠かせない存在

どれが一番重要な要素かを特定することは難しいですが、1日の3分の1を睡眠に使うことを考えると、マットレスは数ある要素の中で特に重要な要素だということがわかります。

そのため自分の体に合ったマットレスを選ぶことは、快眠を手軽に手に入れるためのおすすめの方法だと言えます。

快眠マットレスの正しい選び方

本記事では快眠ができる自分に合ったマットレスを見つけるために、間違いやすい選び方についてご紹介します。その後、正しいおすすめの選び方をご紹介し、最後にはマットレス診断で、自分に合ったマットレスを選ぶことができます。

マットレス商品を紹介する記事は危険!?

世の中のおすすめ記事は販売に特化

マットレスの紹介記事の多くは、マットレスを売ることを目的として記事を作成しているので、正しい情報を得られない可能性が高くなっています。

そのため、最初からマットレス商品を比較するようなことが多く、選ぶための軸がないままマットレスを選んでしまいます。

おすすめの根拠がないことが多い

おすすめ商品を紹介しているものの、おすすめの根拠がなく、「快眠マットレスはこれだ!」のような形で紹介されていることが多いです。

また、マットレスの商品が多数並んでいるだけで、各自に合った快眠マットレスかどうかが曖昧なまま、購入してしまうケースがあります。

マットレス選びの正しい考え方

おすすめ系の記事や店舗に直接行って衝動的に購入してしまうのではなく、快眠に繋がるマットレスに出会うためには、正しい基準と目的の設計が必要です。

しっかり軸を持ってマットレスを選ぶことができれば、快眠に近づくことができるので、おすすめしたい考え方です、

寝具研究家が提唱する正しいマットレス選び

寝具研究家としてマットレスを中心に記事を多数執筆している筆者が、マットレスの正しい選び方をご紹介します。

実体験も含めた考え方をご紹介することで、おすすめの快眠マットレスを正しく選ぶことができればと思います。

マットレスを正しく選ぶ3つのポイント

マットレスを正しく選ぶためには、下3つのポイントを抑える必要があります。この3つをクリアできれば、快眠に近づくことができるのでおすすめです。

マットレス購入のための3つの観点
・予算を決める
・硬さを決める
・素材を決める

①予算決め

予算決めが大事な理由

マットレス購入に予算を設けることで、予想よりも大きな出費を防ぐことができます。

実際に店舗に行って購入を検討すると、衝動的に購入してしまい、想定よりも出費が出てしまいます。

出費が出ることによる問題

出費自体が問題ではなく、購入した後にマットレスが自分の体に合わない場合があります。その際に「せっかく高いお金を払って購入したのに」という気持ちになってしまいます。

高いマットレスが快眠につながるとは限らない

店員や記事でおすすめされているマットレスや、高級マットレスが必ずしも快眠につながるとは限りません。

快眠を得るためには高級かどうかより、自分の体に合っているかどうかが重要です。

これらの理由からまずは「マットレスにどれくらいのお金を使うか?」という予算を決めていただきたいと思います。

②硬さを決める

快眠のマットレスを選ぶためには、自分の体に合ったマットレスを選ぶことが重要だとお伝えしてきました。次は、快眠に直接関わる硬さについてご紹介します。

マットレスの2種類の硬さ

マットレスには高反発と低反発の2つの種類があります。

厳密に言うと、マットレスではNと呼ばれる指標でマットレスの硬さが決まります

快眠を得るためには、この反発が自分にどれくらいフィットするのかを考える必要があります。

高反発マットレス

高反発マットレスは反発力があるマットレスで、一般的には「硬い」と感じることが多いマットです。

快眠のために安定感が必要な方、寝返りを多く打つことで快眠に繋がる方には、おすすめしたいマットレスです。

低反発マットレス

低反発マットレスは反発力が弱く、柔らかいと感じることが多く、沈み込むような感触です。

ふわふわな感覚が快眠につながる方や、横向きやうつ伏せに寝ると快眠できる方にはおすすめのマットレスです。

腰痛持ちの方におすすめのマットレスは?

腰痛だと快眠がなかなかできず、購入したマットレスが体に合わないなんてこともあると思います。

腰への負担を軽減するためには安定感や体圧分散が必要なので、高反発のマットレスを選ばれる方が多いです。

腰痛とマットレスの関連性について知りたい方はこちらの記事を参照ください

③素材を決める

反発力が体にフィット感や安定感を生み出し快眠を作ることをお伝えしましたが、マットレス内部で使われているコイルやウレタンなどの素材によって、快眠度合いが変わります。

そのため、マットレスを選ぶ際には、素材を見極めることをおすすめします。

2種類のコイル

ボンネルコイル①:強い反発性

ボンネルコイルはマットレス内部のバネが一繋ぎの構造になっているコイルのことを指します。

この構造が強い反発力を生み出し、安定感のある快眠を生み出してくれます。

またボンネルコイルは生産しやすいため、比較的手が届きやすい価格のマットレスが多猪が特徴です。

ボンネルコイル②:面で体を支える

ボンネルコイルは体を面で支えるため、体格や姿勢によっては、特定箇所に強く負担がかかる可能性があります。

腰痛持ちの方は腰に負担がかかると快眠ができない可能性があるので、要注意です。

ポケットコイル①:独立したコイル

ポケットコイルはマットレスの内部でコイルが一つずつ袋に入った状態で独立してマットレスを支えています。

ボンネルコイルとは異なり、マットレスの生産に手間がかかっているため、比較的値段が高くなります。

ポケットコイル②:体を点で支える

独立したコイルが体重ごとに適切な反発を生み出すため、体への負担が少なく、快眠ができる可能性が高まります。

高級マットレスではポケットコイルが採用されていることが多く、他のマットレスに比べて快眠を得やすくなっているのが特徴です。

ウレタン素材

あらゆるマットレスの素材として使われているウレタンは、体を包み込むような感覚で快眠に導くおすすめ素材です。

テンピュールのような高級マットレスでも利用されており、複数の階層でマットレスを生産することによって通気性を担保するマットレスが増えてきました。

ラテックス素材

ゴム素材で作られたラテックスは体圧分散に優れており、腰痛持ちの方を含め安定した眠りが得られることで人気の素材です。

素材の特性上ダニを寄せ付けず、抗菌・防菌に優れているのが、長期間利用する上でおすすめのポイントです。

快眠マットレス選びの追加項目

快眠マットレスを選ぶためのおすすめの選び方として、予算、硬さ、素材の3つをご紹介しました。

この3つ以外にも、マットレスを購入する上で検討される項目がいくつかあるので、ご紹介します。

マットレスの耐久性

マットレスが何年利用できるかを表す指標として「D(Density;密度)」が、各マットレスには設定されています。

マットレスの密度「D」
・30D:1年程度
・35D:2〜3年程度
・40D:4〜8年程度
・50D:10年程度

高級マットレスでは基本的には10年以上の保証期間がついていることが多く、50D以上の商品が多いです。

買い替えを前提としている場合は、快眠期間が比較的短い35-40Dを選ぶのもおすすめです。

マットレスのサイズ

快眠を得るために就寝の際のスペースを検討項目として重要視される方も多いです。

各部屋の広さによって搬入できるマットレスは決まるとが多いため、部屋のサイズごとのおすすめサイズをご紹介します。

1R、1Kにおすすめのサイズ

1R、1Kは一人暮らしの方が多く、部屋一室を寝室スペースとして確保できない制約があります。そのため、シングルやセミダブルのマットレスがおすすめです。

「高身長や体格が良い方」「腰痛持ちの方」「広々と寝て快眠したい方」の場合、思い切ってセミダブルのベッドを選んでいただいた方が良いと思います。

1DK、1LDK、2LDKおすすめのサイズ

部屋一室を寝室として活用できるため、大きなマットレスを利用することができるようになります。一人暮らしだとセミダブルだけでなく、ダブルのマットレスもおすすめです。

同棲されている方

キングサイズは玄関からの搬入が難しいことが多いため、シングルサイズのベッドを2台購入し、接続してご利用いただくと、同棲しても快眠が得られます。

マットレス診断で仮眠できるおすすめマットレスを見つける

条件や目的を設計できたと思うので、ここからは特定の項目を入力して自分に合った最適なマットレスを探しましょう

ここで自分に合いそうな快眠マットレスに検討をつけてから、購入するのがおすすめです。

本記事で解消できなかったお悩みや、マットレスに関する疑問がありましたら、公式LINEにてお答えします。

ぜひお気軽にご相談ください!

公式
マットレス選びの無料相談、実施中!