診断
検索
比較
【機能性レビュー】ネルマットレスModel Hについて解説!

【機能性レビュー】ネルマットレスModel Hについて解説!

更新日: 2023.01.21
村上 将教のプロフィール画像村上 将教

ネルマットレスModel Hについて気になること

・ネルマットレスModel Hはどんな特徴がある?
・これまでのネルマットレスの違いは?

ネルマットレスのプレミアムモデルとして発売されたModel Hの機能、価格、特徴など気になる点について解説します。

ネルマットレスについて年間数十本の記事を執筆し、自宅でネルマットレスを利用している筆者目線で解説します。


公式
マットレス選びの無料相談、実施中!

村上 将教のプロフィール画像
筆者
村上 将教
「寝具専門メディア」SHING編集長 兼 寝具研究家

家具に関する記事を過去50本以上執筆し、現在は寝具メディアのSHINGを編集長として、企画、制作、執筆に従事。特にマットレスに関する記事を専門にしており、マットレスの正しい選び方や各メーカーのマットレスの特徴を独自の視点から解説。既にマットレスに関する執筆記事数は数十件に上る。

【特徴】ネルマットレスModel H

ネルマットレスの高級モデル

2022年8月5日ネルマットレスを展開する株式会社Morghtから新作として登場したのがハイエンドモデルModel H

ネルマットレスの公式発表によると、これまでの蓄積された技術を活用し、最上級の眠りを実現する高級マットレスと言われています。

【サイズと価格】ネルマットレスModel H

ネルマットレスModel Hの展開するサイズはこれまでのネルマットレスと同様ですが、高級モデルなので価格が高いのが特徴です。

横幅や縦の長さは従来のネルマットレスと変わらない部分が多いですが、厚さが37cmというのが少し驚きです。

【機能解説】ネルマットレスModel H

ネルマットレスModel Hとネルマットレスの違いを見ていきましょう。これまでのネルマットレスにはなかった機能がたっぷり詰まっています。

【特徴①】業界最高水準の3層ポケットコイル

寝返りの起点になる腰の部分に硬めのコイルを配置するセンターハード構造を採用。

ネルマットレスならではの寝返りの機能がさらに向上し、極上の眠りを実現してくれます。

【特徴②】25層構造で高い通気性を実現

ネルマットレスのModel Hでは高品質な素材を25層贅沢に利用しています。25層それぞれが独自の機能を連動して発揮しており、優れた体圧分散や通気性を実現しています。

また、トッパーとボトムのマットレスに分かれているので、それぞれのマットレスが通気性を調整しています。

【特徴③】ダブルクッション仕様で37cmの厚み

ネルマットレスの厚みが21cmなので、ネルマットレスModelHの37cmは非常に厚みがあります。マットレスを2つ重ねて利用するダブルクッション仕様です。

トッパーマットレス

ボトムマットレスの上に重ねるトッパーは全身を優しく包み込むような極上の寝心地を実現。

ボトムマットレス

上下2層のポケットコイルで安定感のある寝心地を実現

【サービス解説】ネルマットレスModel H

【特徴①】10年耐久保証

ネルマットレスと同じく10年の保証期間があります。102kgの重量で10万回の圧力をかける耐久試験をクリアしており、長持ちしますが嬉しい保証です。

保証の適用範囲

10年保証はボトムマットレスのみでトッパーは対応していません。その点を注意してください。

【特徴②】マットレスの設置が無料

ネルマットレスModel Hを購入すると設置を無料で実施してくれます。キングサイズだと70kgを超える重量なので、設置をしてくれるのは嬉しいですよね。

【特徴③】完全受注生産

ネルマットレスModel Hは在庫を持たない完全受注生産なのが新しい特徴です。高級マットレスかつ、高い技術を導入しているからこそ、受注生産の仕組みにしているのだと思われます。

【体験情報】ネルマットレスModel H

ネルマットレス初の体験会を東京で開催

ネルマットレスでModel Hの体験会が東京の表参道で開催されました。ネルマットレスとしては初の体験会なので、これまで店舗で体験したかった方にとっては嬉しい情報です。

体験会の申し込みの流れ

ネルマットレスルModel Hの体験会の予約は特設ページから申し込みができました。下記のように申し込みができます。

【導入施設】ネルマットレスModel Hをホテルで体験

日本の有名ホテルとコラボ

ネルマットレスModel Hを全国のホテルで体験することができます。東京での体験会に予約できない方、東京の予約枠が埋まってしまった方でも体験ができるのは嬉しいですよね。

体験できるホテル一覧

東北、関東、関西、沖縄など主要な観光エリアでModel Hをベースとしたマットレスを利用しているので、体験したい方はホテルでの滞在を検討してみてください。

■Snow Peak FIELD SUITE SPA HEADQUARTERS

URL:https://www.snowpeak.co.jp/fieldsuitespa/hq/

住所:新潟県三条市中野原456-1

■南紀白浜温泉 ホテル川久

URL:http://www.hotel-kawakyu.jp/

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町3745

■新海花亭いずみ

URL:https://kaikatei.co.jp/

住所:静岡県伊豆市土肥2914-6

■BIO-RESORT HOTEL&SPA O Park OGOSE

URL:https://opark.jp/

住所:埼玉県入間郡越生町上野3083-1

■MEGURU|巡

URL:https://www.chillnn.com/17d9d6fbcd13ab

住所:沖縄県石垣市川平1218-87

ホテルでの設置情報は事前に確認

ホテルの全ての客室でNELLマットレスが利用されているわけではありません。実際にネルマットレスが利用されている客室を希望の方は、予約の際に依頼をしましょう。

【まとめ】ネルマットレスModel H

ネルマットレスModel Hについてご紹介しました。通気性やダブルクッションなど、これまでのネルマットレスにはなかった特徴が搭載されていました。

ネルマットレスModel Hの機能性を知るためには、通常モデルのネルマットレスの機能について知ることが重要です。

写真と動画を使ってネルマットレスの商品について解説しているので、気になる方は確認してみてください。

本記事で解消できなかったお悩みや、マットレスに関する疑問がありましたら、公式LINEにてお答えします。

ぜひお気軽にご相談ください!

公式
マットレス選びの無料相談、実施中!

注目記事

関連記事