診断
検索
比較
【理想の厚さは本当?】エママットレスの厚さやサイズについて解説

【理想の厚さは本当?】エママットレスの厚さやサイズについて解説

更新日: 2022.12.17
村上 将教のプロフィール画像村上 将教

マットレスは薄いものから厚いものまで色々なサイズがあります。天井までの距離に圧迫感はないか、部屋に置いた時に窮屈にならないかなど気になる点が多いのではないでしょうか。

マットレスは厚さが増すほど安定感が増え、寝心地が良くなりますが、一方で重量感が増します。本記事では


公式
マットレス選びの無料相談、実施中!

村上 将教のプロフィール画像
筆者
村上 将教
「寝具専門メディア」SHING編集長 兼 寝具研究家

家具に関する記事を過去50本以上執筆し、現在は寝具メディアのSHINGを編集長として、企画、制作、執筆に従事。特にマットレスに関する記事を専門にしており、マットレスの正しい選び方や各メーカーのマットレスの特徴を独自の視点から解説。既にマットレスに関する執筆記事数は数十件に上る。

マットレスの厚さの種類

まずはマットレスの厚みにはどんな種類があるのかについて解説します。全体像を掴むことで、エママットレスの厚みのイメージが掴みやすくなると思います。

マットレスの厚さの一覧

こちらがマットレスの素材別のサイズ一覧表になります。コイルが入っているものは10cm以上で、ウレタンやラテックスなどは10cm未満のマットレスもあります。

マットレスの素材と厚さ
【低反発ウレタン】:2.5cm 〜 30cm
【高反発ウレタン】:2.5cm 〜 30cm
【ポケットコイル】:10cm 〜 40cm
【ボンネルコイル】:10cm 〜 35cm
【ラテックス】:2.5cm 〜15cm
【ファイバー】:4cm 〜 35cm

厚さ5cm以下のマットレス

5cm以下のマットレスは単体で寝具として利用するよりも、複数枚重ねたり、あるいはマットレストッパーとしての役割として利用がおすすめです。単体で使うと、マットレスが薄いため冬場は冷気を感じやすく、反発も少ないため腰痛など寝心地悪化の原因になります。

場所を取らない折りたたみのマットレスも多いため、部屋を有効活用したい方にはおすすめです。

厚さ10cm〜20cmのマットレス

ポケットコイルなどスプリング系のマットレスが10cm以上から入ってきますが、スプリング系の中では薄い部類です。

一方でラテックスやウレタンなどでは比較的厚さのある部類に入るので、値段が高くなる傾向があります。

厚さ20cm〜30cmのマットレス

ポケットコイルなどスプリング系のマットレスの平均的な高さになります。とはいえ、25cmを超えてくるマットレスは高級マットレスの部類に入るでしょう。

ウレタンマットレスもこのサイズだと最上級の高さになるため、品質が高く高級価格帯のマットレスに多くみられます。天井への圧迫感も感じにくい高さです。

30cm以上のマットレス

30cm以上のマットレスは高級マットレスの中でも高い部類に入るマットレスが該当します。コイル数や利用する素材もこだわりを持って制作されたものが多く、何十万円の価格帯になることが多いです。シモンズなど高級ホテルで利用されるマットレスメーカーに良くみられます。

おすすめのマットレスの厚さ

マットレスの種類について解説したので、ここからは実際どれくらいの厚さのあるマットレスが良いのかについて解説します。

ベストのマットレスの厚さは25cm

25cmの厚さがあればコイルマットレス、ウレタンやラテックスマットレスどれでも安定感のある眠りが実現できます。また厚さがあるため、マットレスがへたりにくく長期間利用できるのも利点です。

加工のあるウレタンマットレスはさらにおすすめ

ウレタンマットレスで25cmを超えるとかなり大きめのサイズになります。最近は低反発と高反発を一つのマットレスに搭載するなど、体の体圧分散や耐久性を高めるため工夫があるマットレスも増えてきました。

厚さがあり、加工されているマットレスは非常におすすめです。

25cmの厚さなら付属品の選択肢も多い

25cm以内の厚さであればシーツやカバーなどの付属品も数多く販売されているので、自分の欲しいデザインの付属品を手に入れられる可能性が高いです。

30cm以上になると少し選択肢が減るため注意が必要です。

利用期間や来客用なら20cm未満もOK

利用期間が2年以内など短期間の場合、あるいは普段利用はせず来客のために用意するマットレスであれば薄めのマットレスでも良いと思います。

特にスペースをうまく活用したい方は、折りたたみマットレスのような厚さが薄いマットレスの方が良いでしょう。

おすすめのマットレスの厚さまとめ

マットレスの厚みはどれがおすすめかについて解説してきました。これまで紹介した内容を簡単にまとめます。

おすすめのマットレスの厚さ
・厚さは20cm以上で25cmがベストサイズ
・25cm前後であれば付属品の選択肢が多く、安定感があって長期利用に向いている
・ウレタン加工で反発を変えることができるマットレスはさらにおすすめ

エママットレスの厚さ

マットレスの厚さの基本情報とおすすめの厚さについてここまで解説してきました。ここからはエママットレスの厚さについて解説します

エママットレスの厚さは最適な25cm

エママットレスのサイズは25cmのサイズで、ウレタンマットレスの中では厚さのある部類に入ります。へたりが起きづらく長期間安定して利用できることに加え、シーツカバーなどの付属品の選択肢も多いのが嬉しいポイントです。

エママットレスは厚さに加えウレタン加工搭載

先ほど紹介したウレタン加工ですが、エママットレスは高反発と低反発のマットレスを組み合わせて1つのマットレスになっております。そのため、厚さに加え最新技術が搭載されているマットレスといえます。

エママットレスのその他のサイズ情報

エママットレスの厚さについて紹介しましが、それに付随してエママットレスの横幅や縦幅など、他のサイズ情報について気になるのではないでしょうか。補足情報として、エママットレスの他のサイズ情報について解説します。

縦の長さと横幅は全て同じ長さになっており、横幅のみが異なるサイズになっています。

エママットレスのキャンペーン情報

エママットレスの厚さを紹介したので、最後に購入する際に重要なキャンペーンなどの割引情報について解説します。。

エママットレスはキャンペーンを高頻度で実施

しているので、通常価格よりも安く購入できる可能性があります。ブラックフライデーなどのセールの際には、最大で55%OFFの事例もありますので、詳しくは公式サイトで確認してみてください。

エママットレスの詳細情報

エママットレスの厚さについて本記事では解説しましたが、他にマットレスの詳しい特徴や口コミなどはこちらの記事で解説しています。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

本記事で解消できなかったお悩みや、マットレスに関する疑問がありましたら、公式LINEにてお答えします。

ぜひお気軽にご相談ください!

公式
マットレス選びの無料相談、実施中!

注目記事

関連記事